エメラルドグリーンの猫

ブルガリアで、全身が鮮やかなエメラルドグリーンの猫が見つかった。このとんでもなくケミカルカラーな猫の出現に、現地は「一体なぜ!?」と物議をかもしているという。
自然界にはありえないあまりに不自然な色。Photoshopで加工したのではないかと思ったが、動画を見てみると確かにエメラルドグリーンの猫が歩き回っている。では誰かが意図的に猫の毛を染めたのだろうか?いたずら?虐待?と犯人捜しをする人も現れたそうだ。
一方、地方メディアでは猫が無人の倉庫に入り込み、誤って塗料をかぶってしまったのではないかと見ているそうだ。地元の獣医によると、今すぐ健康に被害があるわけではなさそうとのこと。獣医が塗料業者に確認したところ、猫をあんなに均一に塗ることは不可能という回答を得たそうだ。また獣医から見ても、毛並みもフワフワして健康そのものに見えるとのこと。食用や医薬品用の着色料をかぶってしまったのではないだろうかと言うことらしい。ただアレルギーやその他の悪影響の可能性も除外はできないとのこと。地元住民もこの猫のことを心配しており、動物病院に連れて行こうという動きもあるそうだ。1日も早く獣医に診てもらえるといいのだが。

日本版ゴジラ復活

本家、日本版の「ゴジラ」が復活する!この度「ゴジラ」の12年ぶりの新作映画の公開が決定しました。怪獣映画の代名詞の「ゴジラ」、東宝政策によると、2016年に全国公開の予定とのこと。2004年の「ゴジラFINALWARS」をもって、シリーズに終止符を打っていた、「ゴジラ」だが、今年公開された、ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」の世界的ヒットを受け、ゴジラファンの声援に応えるかたちで、シリーズ復活を遂げる。これまで、企画やプランニングはでておたものの、具体的な決定には至らなかったという、「ゴジラ」の完全復活。しかし、今年には63の国と地域で公開されたハリウッド版「ゴジラ」が大ヒット。興行収入は日本だけで、32億円。全世界に至っては、570億円以上という、驚異的なメガヒットを記録した。このことを受け、12年ぶりの東宝での制作、公開が決まるかたちとなった。実際に撮影と制作は、来年の夏から秋にかけて行われる予定。ハリウッド版の続編というわけではなく、新しい「ゴジラ」を見ることが出来る。

カタカナの名前、電話帳から削除

今のなお被害が増えている振り込め詐欺。架空請求やオレオレ詐欺など、その手口は巧妙化し、高齢者を狙う傾向にある。最近では「特殊詐欺」という括りで呼ばれている。被害を食い止めようと、警察は一人暮らしの高齢者宅を中心に戸別訪問し、電話帳から名前を削除するよう勧めてるという。過去に摘発した特殊詐欺事件では、犯人が「電話帳から高齢者らしい名前の番号を見つけて電話した」と供述しているそうだ。現在で1000人以上の次回発行の電話帳からの削除を希望しているという。大分県警では「ハナ」「キク」といったカタカナ表記や、末尾に「枝」「代」「江」など高齢者に多い名前の人にハガキを送り、削除を呼び掛けているそうだ。最近では個人情報の保護から電話帳に名前を載せていない人も多いと思うが、載っているそうはやはり高齢者が多いということだろうか。これによって少しでも特殊詐欺の被害が減ることを願う。

廃棄ミカンが代替ガソリンに

三重大学大学院生物資源学研究科が、規格外や摘果でこれまで廃棄されていたミカンを微生物で分解・発酵させることでガソリンの代わりに使える「ブタノール」に変える技術を開発した。バイオマスの燃料化で主流をいくエタノールとは違って熱量が高いうえ、タンクを傷めないためガソリン用設備にそのまま使えるという。生産過程は、傷がついて商品価値が落ちたり腐ったりしたミカンを微生物と一緒に皮ごとタンクへ投入し、細胞を破壊して糖化させた後、別の微生物で発酵させるとブタノールを7割含む燃料になるそうだ。実験ではミカンの搾りカス3キロから20ミリリットルのブタノールができたそうだ。37度で保温すると10日間で出来るが、保温しないと生成期間が長くなるとのこと。廃棄されるミカンが無駄にならず有効に使われれて、環境にもやさしいエコな取り組みに今後実用化が期待される。

独身のうちにやっておいたことがいいこと

気づけば残すところあと1か月。今年ももうすぐ終わってしまいますが、12月に入り飲み会や年末年始の帰省などで旧友や親友と再会することが多くなる季節でもあります。そんなとき、まだ独身だというとすでに結婚している友人から「独身のうちにできることをたくさんやっといたほうが良いよ」というアドバスをよく耳にします。結婚をすると、これまでのライフスタイルががらりと変わり、独身のうちに普通にできていたことが、結婚後はできなくなることが多くあります。では、実際にやっといたことが良いのはどんなことなのでしょうか。
それは、友達、友人とたくさん遊ぶこと。結婚をしてしまうと、相手に気を遣い、たとえ「いってもいいよ」と言われても行きづらくなってしまうものです。ましてや友人との旅行はもっと行きずらいもの。後悔しないように独身のうちに可能な限り友人と旅行や遊びに行きましょう。

Siri

iPhoneのOS8からSiriがとても賢くなりすぎて、逆にアホになっているらしい。

音声を認識して検索やスケジュール管理、メモなど操作を行ってくれるSiri。多くの人はパスコードを設定しているので、他人のiPhoneを覗き見るなんてことはできないはずだが、ホームボタンを長押しすることでSiriが起動し、個人情報を漏えいしてしまうというのだ。「着信履歴を見せて」と言えば、その電話にかかってきた着信履歴を表示してくれる…浮気も一発でバレてしまうのだ。Siriは相手が本人か確認もせず、言われるがまま情報を表示しているだけ。賢くなりすぎて、むしろバカ正直になってしまっているのだ。設定でSiriをオフにしておけばこういったトラブルは防げるそうだが、技術の進歩が必ずしもいいことばかりとは限らないのだな…。

2014年、日本人の偉業

2014年、残すところもあと1か月。今年、世界から賞賛された、日本人の偉業の数々を振り返ってみましょう。
まず一人目は、冬季オリンピック・ソチ大会で、男子フィギュアスケートにて見事に金メダルを獲得した、羽生結弦選手。
日本男子フィギュアスケートでは日本人初となる大快挙となりました。
二人目に紹介したい方は、日本が世界に誇るアニメーション映画監督、宮崎駿監督です。宮崎駿監督はこの度、卓越した業績を残したた、世界の映画人に贈られる、アカデミー名誉賞を受賞。日本人としては、1990年に受賞した、黒澤明監督に続いて2人目です。数々の感動的で、アート性の高い作品を世界に送り出した業績が認められました。日本のウォルト・ディズニーとも言われています。3人目はアジア勢初となる、グランドスラム準優勝を成し遂げ、世界ランク5位まで上り詰めた、男子テニスの錦織圭選手。今後の活躍にも期待されます。

賢いメモの取り方

一瞬で思い出せる!賢い人がやっているメモの取り方があると言います。忘れないために欠かせないツールのメモ。気軽にササッと書いて、後で読み返す。その日の夕飯の買いものリストや、仕事のToDoリスト。最近では可愛いメモ帳やオシャレなポストイットまで売られていて、多様化しています。紙に書くことで記憶に残りやすくなります。紙に書いたことによって、そのメモを見返していないのに、覚えている経験はありませんか?書いて、そのメモの内容を見るということはとても重要なことです。最近ではスマホでメモを取る方もいらっしゃいますが、やはりオススメは紙のメモです。上手なメモの取り方は、基本的に1件に1枚のメモを使用し、重要なことだけをメモする。見やすく見直せるメモを残すことも重要です。またペンの色は黒だけでなく、もう一色入れるのもポイントです。このように生活や仕事にメモを有効活用して、生活に上手に取り入れてみるのはいかがですか?

3秒クッキング

NTTドコモが公開しているWeb限定ムービー「『3秒クッキング 爆速エビフライ』篇」が面白い。公開から5日ですでに再生数は630万回を超えているそうだ。

内容はよくある料理番組の構成だが、進行役が料理の材料を説明しようとするも、料理の先生が突然耐熱ゴーグルをつけて材料をそれぞれの機械に入れ始める。準備が完了してスイッチを押すと、エビがセットされたレーンから”爆速”で飛び出す。飛び出したエビに小麦粉が吹き出し、溶き卵が降り、パン粉が舞い上がって衣をつけていく。最後に炎を潜り抜けてエビフライが完成し、ゴールの的に当たってその下に置いてある皿にエビフライが着地する。動画の最後にはエビフライの”材料”として通常の食材のほか、「LTEレーン2レーン」「トータル制御コンピューター1台」「空気圧力調整用機器6個」「耐熱ゴーグル人数分」「衝撃吸収材580g」と書かれている。ちなみにこれは綿密な計算と検証のもとプログラミングしたレシピだそうだ。調理風景はCGなどを使わず、実写で撮影を行ったそうだ。予告では「明日は3秒餃子」と最後に流れているので、餃子の動画が楽しみだ。

変身女子

仕事中は無難なスタイルだけど、仕事が終わればメイクやファッションを大胆に変えてお出かけする「変身女子」が増えているらしい。そんな願望を叶える期間限定の「タクシー」まで登場しているそうだ。マンダムが女性用クレンジングブランド「ビフェスタ」のPRとして走らせている「ピンクのビフェスタクシー」は、目にも鮮やかなピンクのボディーに彩られたタクシー。ピンクのカーテンで外の風景を遮った車内では、ずらりと並べられたメイク落としやパウダー、チーク、化粧品、ヘアアイロンなどを使って”変身”することができるそうだ。飲み会の前に化粧直しをする場所を探していた女性たちに好評のようだ。利用は無料だが、予約制で問い合わせが多数寄せられているという。

他にも手ごろな料金でメイクやヘアセットを行ってくれるサービスが活況だそうだ。また睡眠専門のマーケティング会社が運営する「おひるねカフェコロネ」では、昼寝目的だけでなく10分160円と言う料金設定を活かしてメイク直しの場所として利用する短時間の利用者が増えているという。人目に気をせず、リラックスしたりメイクをしっかり直したりするスペースとして重宝されているようだ。繁華街の近くの百貨店や商業施設の女性用化粧室のパウダールームも近ごろはスペースも広く、インテリアなどにも凝っているところが多い。鏡やメーク用の小物はもちろん、ヘアアイロンなどを使用するためのコンセントも設置されている。こうした設備やサービスを上手に利用して、近ごろの女性たちはアフター5を楽しんでいるのだな。

http://www.fairwater-runners.co.uk/