フリマアプリ

スマホの利用者が拡大する中、着なくなった服や不要な小物などを個人間で売買できる「フリマアプリ」の利用が急増しているらしい。原則的に消費税がかからないことが注目される個人間取引の中でも特に注目を集めるサービスのようだ。人気の理由はスマホを使ってわずか数分で出品できる手軽さと、取引がスムーズに行われるシンプルな仕組み、そしてサービスを提供する企業がお金のやり取りを仲介する安心の売買システムが導入されているというのが大きいようだ。出品は無料で行うことが可能で、商品が売れた場合にのみ一定の手数料がかかるアプリが一般的なため、出品者も気軽に利用することができる。これまでネットで個人間で売買するというとヤフオクなどネットオークションのイメージが強いが、オークションが基本的に入札形式で値段が上がっていくのに対して、フリマアプリは湖底の価格であるため値段がつり上がることもなく価格の値ごろ感をすぐに判断できる。またオークションのように取引成立まで時間がかかるということもないのが魅力のようだ。またフリマアプリは企業の出品を禁止し、あくまで個人間が売買するプラットフォームとしての場づくりにこだわっているとのこと。そのため初心者でも参加しやすい。今のところ大きなトラブルはないようだが、市場が大きくなるにつれて色々な問題が起きそうなことが懸念される。健全な市場をどのように保っていくのかが今後の課題となりそうだ。