史上最薄新MacBook

米Appleが3月9日アメリカで開催されたスペシャルイベントにおいて、12サイズ型の「新しいMacBook
」を発表したそうだ。「Mac史上、最も軽く、最も薄い」と紹介された新型MacBookは、重量が約920グラム、本体サイズが幅280.5ミリ奥行き196.5ミリ高さ35~13.1ミリ。厚さ17.3ミリの「11インチMacBook Air」と比較しても24%ほど薄いユニボディに、0.88ミリ厚とMacで最も薄く仕上げた12型Retinaディスプレイを搭載しているとのこと。Retinaディスプレイの解像度は2304×1440ピクセル。液晶の開口率を高めることで従来のMacが搭載するRetinaディスプレイより30%エネルギー効率が高いLEDバックライトを内蔵したそうだ。このほか、新しい技術も複数盛り込まれているとのこと。フルサイズのキーボードは「バタフライ構造」を採用することでキーを17%大型化しつつキーのぐらつきを抑え、40%薄く、4倍正確な入力が可能になったそうだ。また感圧センサー内蔵の「感圧タッチトラックパッド」によって、通常のクリックのほか「強めのクリック」を検知できるようになり、Webブラウザでコンテキストメニューを表示したり、メールでカレンダーに登録するなどトラックパッドを強く押し込む操作系が加わったそうだ。
価格は税別14万8800円。4月10日に発売されるとのこと。史上最薄という触れ込みにより注目が集まりそうだ。