滋賀でイノシシ出没多発

滋賀県でイノシシが多く目撃されている。野球場などがある自然公園にも出没し芝生を食い荒らすなどしているそうだ。
公園は荒神山公園。この山には現在200頭ほどのイノシシがいるとされ、例年周囲の畑で農作物が食い荒らされている。毎年秋から春にかけて罠をしかけ、80頭前後を捕獲するという。
荒神山公園の教育施設側には鉄製のフェンスがあるが毎年冬に数回イノシシが出没していた。しかし、今年は春が過ぎてもイノシシが出没し被害が続いているという。
市農林水産課は、山の中でイノシシが増えたと推測している。
公園では、人が集まる天体観測など月1イベント日は、職員らがイノシシが出そうな道を照明で照らすなどしているという。他にもフェンスを高くしたり、夜間は監視カメラをつけるなどしているが一向に減らないそうだ。
施設の担当者は「自然が売り物の施設なので、フェンスで山と隔絶するのも……」と悩んでいる様子だった。
今のところ、怪我など人に対する被害はないそうだ。山の中はどうなっているのだろう。

人質を誤射 ”実行犯”と発表した?

バングラデシュ警察は5日、首都ダッカの飲食店襲撃事件で特殊部隊に射殺された「実行犯」6人の中に、人質の男性1人が含まれていた可能性があると明らかにしました。
警察は事件後に1人の身柄を拘束し、実行犯は計7人だったと発表しましたが、誤射が事実であれば、事件の実行犯は6人に訂正されることになります。
特殊部隊は突入作戦の際、飲食店でピザ職人として働いていた男性を実行犯と誤って認識し、射殺したとみられます。
事件発生後に犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」(IS)は実行犯5人の写真を公表したが、誤って射殺された男性とみられる人物は含まれていませんでした。
写真の5人の身元が明らかになりつつある中、警察が残る1人の身元を明らかにしないことに疑問の声も上がっていました。
これが事実であるならば、「誤って射殺してしまいました」では済みませんね。
ましてや、実行犯として発表なんてあり得ないことですよね…
一般人が射殺されたという事実が無いことを願います。