イソジンの「カバくん」その後

古くから親しまれてきたうがい薬のイソジン。そしてこのイソジンのイメージキャラクターと言えば、赤いマフラーのカバくんだ。
製造やキャラクターの使用権を巡って、製造販売の明治と開発元製薬会社のムンディファーマが訴訟合戦を行っていたが、18日に和解していたことがわかった。
関係者によれば、明治は商品名を「明治うがい薬」に変更し、商標権を持つ「カバくん」のパッケージで、来月から販売を再開するという。
一方、ムンディファーマはイソジンの名称で、「カバくん」ではないカバのキャラクターのパッケージでうがい薬を販売する方針を見せているそうだ。ムンディファーマの販売開始時期はまだ決まっていない。
製造元とパッケージを見る限り、個人的には明治のうがい薬を使いたいと思った。新しいパッケージを同じカバにする必要はあったのか疑問だ。